previous arrow
next arrow
Slider
新三よしからのお知らせ
  • 2020.05.18
    [お知らせ] 新三よし コロナウイルス感染予防について
    日頃より新三よしをご利用いただきありがとうございます。

    しばらくの間、コロナウイルス感染予防の為、

    以下の対応をさせていただきます。

    ・入店の際にお客様の発熱などの風邪症状の有無をお伺いし、

    場合によっては入店をお断りさせていただきます。
    ・店舗入り口、トイレ設置の手指消毒液のご利用と、

    手洗いのご協力をお願いしております。
    ・お客様退店後のテーブル、椅子、メニューなどのアルコール消毒

    ・共用部分(主にトイレの扉、ドアノブ)の定期的な消毒。

    ・お客様同士の十分な間隔の確保の為、店内が込み合う際、

    ご入店を制限する場合がございます。

    何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

    ↓新型コロナウイルス感染症に備えて
    https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

    おしながき

  • 2020.05.12
    [お知らせ] 2020年5月16日営業再開のお知らせ

    日頃より「馬肉バル新三よし」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

    2020年 5月 16日(土)より営業を再開させていただきます。

    営業再開に際しては、館内の感染防止策の強化と運営オペレーションの変更などを実施してまいります。 なお、営業再開後につきましても、政府の方針等の状況により再び休業させていただく場合がございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。臨時休業などの重要なお知らせはHPや LINE@でも送信させていただきます。ご来店をご検討の場合は、事前に店舗へお電話いただければ幸いです。

     電話番号: 0263-39-0141  

    LINE@ ↓

    何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 2020.03.08
    [お知らせ] 新三よしLINE公式アカウントでお得なクーポン配信中!!

    馬肉バル 新三よし公式LINEアカウントを開設いたしました。

    ※現在配信中のクーポンは

        「ハッピーアワークーポン」

        「ドリンクサービスクーポン」

    です。

    新三よしをさらにお楽しみいただけるクーポンを配信しております。
    また、ご宴会を検討のお客様向けのお得なクーポンもございます。
    ご来店予定のお客様は、必ずご登録いただき、
    お得に、さらに楽しい時間をお過ごしいただければと思います。

    👇ご登録はこちらから👇
    友だち追加

    👇カメラアプリでスキャンしてご登録👇

  • 2019.12.31
    [お知らせ] 宴会コース料金改定のお知らせ

    日頃より、馬肉バル 新三よしをお引き立てくださり、誠にありがとうございます。

    増税や材料の価格高騰などの理由によりまして2020年1月1日(金)よりコース料金を変更いたします。

    ・飲み放題宴会コース:5830円(税込) ~

    ・季節限定地酒飲み放題コース:6830円(税込) ~

    ・宴会コース(お料理のみ):3850円(税込) ~

    現在(2019年12月30日)までにご予約いただいている2020年1月以降御来店予定のお客様に関しましては

    従来通りの金額とさせていただきます。

    今後ともより一層のサービス向上に努めて参りますので、
    何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

    2020年からも変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

  • 2019.12.20
    [お知らせ] 新三よし 冬の新酒フェア開催中

    秋の地酒フェアご好評いただきありがとうございました。
    引き続き、冬の限定新酒フェアを開催しております。
    厳選した限定地酒三種類を是非御賞味いただきたく新たにご用意致しました。
    是非冬限定の希少酒をお楽しみください。

    「翠露」(すいろ)純米吟醸 しぼりたて生 /諏訪市 舞姫酒蔵
    「亀の海」(かめのうみ) 純米吟醸 細雪 無濾過 /佐久市 土屋酒造
    「北安大國」(ほくあんだいこく) 純米無濾過 生原酒 /大町市 北安酒蔵

郷土料理としてのさくら肉料理

郷土料理が生まれる背景には、その土地ならではの、気候風土や歴史が根底にあります。
山国・信州の「さくら肉料理」も独特の食文化として息づいております。
古くから駿馬の産地であった信州は、多くの野生馬が生息する地でありました。
足が速く身体能力に長けた馬は、軍馬として重用される様になります。
平安時代には、「信濃十六牧」と呼ばれる、朝廷直轄の「牧場」が置かれました。
また、東西、南北の文化が交差する地として栄えた信州には、幾筋もの街道が開かれておりました。
それ故、馬は、物資の運搬や人々の交通手段として、あるいは農耕の担い手として、暮らしと深く関わって参りました。
明治以降、その役割を終えつつあった馬は、食用として流通し、山国・信州人にとっての貴重なタンパク源となったのです。
「すきやき」として、また「モツ煮」として永らく食されて参りました。
昭和四十年代以降になりますと、冷蔵技術の発展にともない、「お刺身」としても食されるようになりました。

その他、さくら肉料理について知る →